レゴ社の教育理念

レゴで学ぶ

楽しく遊びながら、子どもたちの考える力、豊かな創造性を育みます。"Playful Learning = 遊びながら学ぶ"

子どもたちは遊ぶことが大好きです。それは、遊びが子どもたちの好奇心や探究心を掻き立てるからです。遊びの中で体験する「楽しい!」「面白い!」という気持ちこそが、自発的な学びを生み出します。
レゴ®ブロックを使い、夢中になって何かを組み立てているときも同様に、体験を通して自分と周囲のつながりや物事の仕組み・関連性を探求し、多くの知識を自然に学んでいきます。

実体験から得られる知識。"Learning by making = 作ることで学ぶ"

レゴ®教材やカリキュラムの開発に深く携わった、米国マサチューセッツ工科大学名誉教授の故シーモア・パパート氏は、その教育理論の中で、「本当の理解は実体験から得られる。子どもたちが何かを夢中で作り上げているとき、その過程で学んだことは他の誰かに言われたどんなことよりも深く染み込む」と述べています。
子どもたちがレゴ®ブロックで何かを組み立てているとき、頭の中では知識が築き上げられています。自らの手を使うことで、知識は自分のものとなり、さらに高度な解決策を探求し始めます。


レゴ社の教育理念

解決に制約のない、オープンエンド方式

従来の学習方法

与えられた解決策にたどり着くための手順が既に決まっていて、子どもたちが自然に持っている学びの力を制限してしまう傾向にあります。

オープンエンド方式

ひとつの問題にひとつの答えといったマニュアル的な制約のないオープンエンド方式で、創造性を刺激し、解決策へとつながるたくさんの道筋を見つけます。

学びのプロセス 4C

4Cの効果的な学習プロセスにより、子どもたちの潜在能力を引き出します。

学びのプロセス 4C

フローの状態

フローの状態

フローの状態で、子どもたちは「考える楽しさ」を体験します。

子どもたちは、簡単すぎる課題には退屈を感じます。一方、能力に見合わない大きな課題を与えられると、取りかかる前に諦めてしまう可能性もあります。最適な課題を与えてくれる学びの環境があれば、きっと勇気づけられて「もっと知りたい」「もっとやりたい」という気持ちになります。
こうした前向きな状態を、認知心理学者のミハイ・チクセンミハイ氏は、"フローの状態"と名付けました。レゴ®スクールでは子どもたちをこの"フローの状態"に導くため、「少し難しそうだけれど頑張ればできそう」という最適な課題を提供しています。

お問い合わせ

資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。電話での受付は各スクール情報からお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから